FC2ブログ

RSS|archives|admin

バンコク日記 その4

2005.08.29 Mon
昨日の揉み返しもあるし「今日は一日お家で安静にしてようかな」なーんて思ってた今朝10時、毎度のNさんよりお電話がありました。

「今日ピラテスに行くんだけど、一緒に行ってみるー?」
…ん、ピラテス?なんじゃそら。
「ピラテスってねー、ヨガの緩いっぽいヤツなんだけど、興味ある?」

ふむー。そういえば世の中はセレブのおかげでヨガブーム。
日本でもヨーロッパでもみーんなやってるって言うし、体験無料だってことだし(←ココ重要)、いっちょ試してみるか!
「あい。行きますっ!」


今日はうちもNさんも家庭車が無い日だったので、電車での待ち合わせ。
マンションを出る時にドアマンのお兄さんが「マダーム、タクシー呼びますか?」なんて言ってくれるのを「一人でできるもんっ」と丁重にお断りし、地下鉄ルンピニー駅へ徒歩で出発。窓口での聞き方がまずくて地下鉄からBTSへの乗り換え駅を間違えちゃったりしたものの(←大丈夫じゃないじゃんっ!)、なんとか10分遅れでプロンポン駅に到着。

ピラテス教室は普通のマンションの一室にあり、看板すら出ていないのに、中に入ると日本人のヤングマダムの皆様がいーっぱい。へー、これが口コミのパワーなのねー。
もうクラスは始まってしまっていて、男性の先生がお手本となって20人ほどの奥様方がポーズをとっていました。…と、そこで私の「ゲ○・センサー」がピピピッと作動。

うん、間違いないね。
この先生は一見普通に見えるけど…ふふふのふ。
ま、こういうマダムだらけのお教室では、そういう先生の方が安心かもね♪

序盤は次々とバランスよくポーズが取れ、「なーに?あたしってばちょっとすごいんじゃないのー?」なんて調子に乗っていたのも束の間、20分ほど経ったところで急に気分が悪くなっちまう私。
ロビーに出てお水をもらって一旦ロッカールームに戻り、出てきた時にはすっかり気持ち悪さ解消。さ、もうひとふんばり行きますか!

その後はプルプルしながらもなんとか全てのメニューをこなし、Nさん&その教室に来ていたマダムお二人も一緒にお茶しに行ったのでした。


「今日は結構ハードだったねー。途中、大丈夫だった?」
心配して聞いてくれるNさん。
「あ、すみませんでした…。でも、おかげ様ですぐに原因が分かったので復活できました!」
「えー、なになに?原因って?」




「ブ ラ っ す よ!」


元気よく答える私。

「いやー、普通のブラじゃやっぱ運動は無理っすねー。『緩いヨガ』とか聞いてたんで、ちょっとナメてました…。えへへ。」





…しばし絶句するマダム3人。





「…えーっと、え?じゃあ、解決って、なんで戻って来れたの?」

「え?




は ず し た ん で す よ。 もちろん♪

Tシャツも黒で厚地のブカブカのヤツだし、
先生もオ○マちゃんだから別にいいかなーって☆」







…あれあれ?ちょっとお下品過ぎたかな?
マダムたちを引かせちゃった?コリャコリャ?





「そっかー!!あの先生、やっぱそうなんだー!!んじゃ、男だって意識しなくていいんじゃん!全然。」
「なーんだ。そーよね。それでいいんだよねー!」
「あたし、お腹とかめくれるの気にしたりしちゃってたけど、
全然いいんじゃーん!!」



…あれれ?そこに反応すんの?
そんなに感心するようなことじゃ…?


なんだかあまりにも感心されちまって、恥じらいのある若奥様たちにヘンな知恵を付けてしまったような罪悪感が…。

ま、でも、絶対そうだし。イギリスで鍛えた私の「○イ・センサー」が間違いないって言ってるもん。
それに、みんな運動はわき目もふらずできたほうがいいでしょ?
はー、いい汗かいたわん♪(←自分が呼んだ波紋をヨソに大満足なヤツ)


…これで揉み返しの痛みに、筋肉痛まで加わっちゃったなぁ。
でも、69さんがヨガに嵌る理由がわかったよ!じーんわりキクのねっ!
おいらもこれから自己流でやってみよっかな♪えへへ。
関連記事
スポンサーサイト





Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<大ニュース!! | HOME | バンコク日記 その3>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://smilesuk.blog116.fc2.com/tb.php/669-cf3849df