RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ペトロル節約運転の成果とガイ・フォークス・ナイト

2011.11.06 Sun
IMAG0057_convert_20111108065918.jpg
↑暴動じゃないですよー。ガイ・フォークスナイトの大焚き火(ボンファイア)ですよー。


ああ、のんびりした週末もあっという間に終わろうとしてます・・・。
また明日から仕事だわー。
あ、そういえば明日はなんだか大ボスが視察に来るらしいし、気持ち入れ替えてがんばらねば!


さてさて。先日の日記に書いたペトロル節約運転のお話。
運転していた感じとしては、先週は二日間道路工事で高速道路のジャンクションの信号機が稼動していなかったりして渋滞にハマってしまうことも多く、目標値の時速65マイルをコンスタントにキープするのはなかなか至難の業でしたが、まあなんとか時速70マイルは数回しか超えないように運転できたかな。

んで、結果としては
先々々週(10月12日~16日)は47mpg(1ガロンにつき47マイル走行)、
先々週(10月19日~26日)は49mpg、
そして節約運転を心がけ始めた先週(10月26日~11月2日)の結果は48mpgでしたー。

んー、先週はまーったく速度に気をつけていなかった3週間前よりは1ガロンにつき1マイル分節約ができたわけだけど・・・正直なところ「えー、こんなもんかい」と言った感じ。

先々週はハーフターム休暇で学校がお休みで、こちらでは親も子供の休みに合わせてお休みを取るため車はうんと少なく、渋滞にほとんど出くわすことなくスイスイと通勤していたので先週よりもマシな結果が出た模様。

アンディに言わせると、やっぱり渋滞ってのは前に進まないのにエンジンは動き続けているから、渋滞の中で過ごす時間が長ければ長いほど、1ガロンにたいしての走行距離は下がるとのこと。
ふむー、やっぱ渋滞は敵なのね・・・。

でもでも、アンディは53mpgまで節約して走れていたってのに、私が今のところ一番良いときでも49mpgってのは納得がいかーん!(←単なる負けず嫌い)
エンジンの小ささに対して私の加速の仕方が急過ぎる?渋滞で停まって発進する時にブオーンって吹かし過ぎたりしちゃってる・・・??なに?原因はなんなのー??
ってことで、今後は運転の仕方についてもうちょっと研究してってみたいと思います。


さ、話題を変えまして。
今週の土曜日(11月5日)はガイ・フォークスの日(Guy Fawkes DayまたはNight)でした。
このガイ・フォークスっていうのは1605年にプロテスタント政策を進める国王ジェームズ1世に反対して国会議事堂を爆破しようと企てたローマンカトリック教徒の首謀者で、爆薬を仕掛けるところまでは行ったものの11月5日の議会開会前に発覚し、共謀者と共に反逆罪で処刑されたという、言わばテロリストの走り。
それ以来イングランドでは11月5日にガイ・フォークスの人形を焼いて祝っているという、ガイ・フォークス・ナイトはちょっとおどろおどろしいイベントなのです。火祭りに乗じて、今では国中のあちこちで大きなボンファイア(焚き火)と一緒に花火も打ち上げられます。

日頃は禁止されている小さな花火の販売もこの時期になると解禁されるため、町のあちこちで小さな花火大会も見られます。
我が家は毎年、アンディ両親の住むChristian Malford村のボンファイア&花火大会に出かけます。
チケットは4ポンド。出店や子供達の乗れるFunfair(移動遊園地)の乗り物もいくつか来ます。

アンディ両親宅でお夕飯を食べた後、みんな暖かいコートを着込み、手袋も装着。
広い野っ原が会場のため、足元はゴム長を履いて徒歩で出動します。
花火は7時半からですが、7時頃に会場に着くともう巨大なボンファイアは轟々と燃えてました。(てっぺんにはガイ・フォークス人形が磔にされていたようですが、私達がついた頃には影も形もなくなってました)
DSCF6554_convert_20111108063931.jpg

DSCF6556_convert_20111108064048.jpg
子供向けに無料のSparkler(手持ち花火)コーナーも。

DSCF6559_convert_20111108065848.jpg
どさくさ紛れに大人も参加してる!と思ったら義弟のクリスと彼女のジェマでしたw


そして花火開始。日本ではありえないくらいの超至近距離での打ち上げ。
IMAG0062_convert_20111108070429.jpg

ショボめですが仕掛け花火もあります。
IMAG0065_convert_20111108071854.jpg

打ち上げ花火も日本のように完全に丸くて大きな尺玉とはスケールが違いますが、至近距離にて豪快で荒削りな花火たちがバシバシと弾けます。
IMAG0070_convert_20111108070549.jpg
IMAG0067_convert_20111108070520.jpg
写真はひどいですが、実物はもう少しきれいでしたよん。

最後は「これ爆弾やん!」って感じの「Petrol Bomb」と呼ばれる地上での大爆発7発で終了。
心臓に悪い感じの大爆発。爆風まで感じられます。
戦隊モノの撮影ってこんな感じなんだろーなー、って感じ。
でも不意打ちだったので写真撮れませんでした・・・。

田舎の小さな村とは言えChristian Malfordの花火大会は花火会社の社長さんも住んでいるおかげで年々スケールアップして結構なグレードの高さなのです。今では近隣の町から観客も押し寄せるくらい盛況です。

写真、載せてみましたけど・・・携帯のカメラだったのと、カメラマンの腕が悪いのでひどいもんですねーw
・・・臨場感オンリーな感じで雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。

ではでは、おやすみなさいまし。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category:日々の徒然 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。