RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

引越しやら仕事やら…

2011.09.29 Thu
明日からまたフルタイム仕事に戻るので緊張して眠れないー!
ってことで携帯から...

9月23日に引っ越しましたー♪と言っても同じ街の反対側に移っただけなのですが...。
住み慣れたフラットを売りに出して買い手が付くまで10ヶ月、そして買い手が付いてから契約を交わすまで約2ヶ月・・・と、長い長い道のりでした・・・ううう。
今度のお家は小さな南向きのお庭とコンサーバトリー、それにガレージ付きの4ベッドルーム。
一部屋は私の仕事用スタジオ兼趣味のクラフト部屋になる予定。
これで家族や友達にもゆっくり滞在してもらえます♪

アンディの家族に助けられっぱなしで引っ越し作業のほうもつつがなく進み、少しずつですがDIYも始めました。
まだまだ理想のマイホームにはほど遠いけど、これから私たちと一緒に育って行くお家です♪
写真は後からボチボチ載せて行きまーす。

明日からの仕事は6ヶ月間の短期プロジェクト契約。以前有給インターンとしてお世話になった職場です。
実はもともと別のアシスタントポストに応募したのですが、たまたま始まる別プロジェクトに急遽専任のコンサベターが必要になったため、元ボスがお声を掛けてくださったのです♪
フルタイムのポストで、隣街のSwindonまで通います。

早くに家を出るアンディと時間が合わず、駅まで送ってもらうのが厳しそうなので今回は車通勤になる予定。
ううう、ラッシュアワーに高速乗って通勤とか大丈夫なのかしら...。
プロジェクトコンサベターとしての責任の重さよりも、運転のほうが実は不安だったりして...。

今までの静かな「ほぼ専業主婦生活」から一転して、突然色んな事が一気に動き始めました!
うう、展開の早さに付いて行けるのかしら...。

とりあえず眠らなければ!
Please wish me luck!

スポンサーサイト
Category:日々の徒然 | Comment(1) | Trackback(-) | top↑ |

惚れ直しちゃった♪

2011.09.13 Tue
9月11日はチッペナムのハーフマラソン大会でした。
3年前に弟のクリスと一緒に一度エントリーしたことのあるアンディちゃん、しばらく走ってなかったのですが今年は一念発起して出場することに。

ハーフマラソンやマラソン大会は近隣のスウィンドンやバースでも開催されているのですが、チッペナムは起伏が少なくて良いタイムが出やすいらしく、ビギナーからベテランまで、あらゆるレベルのランナー達から人気があるとのこと。
当日は強風で大荒れの天気になるだろうという予報でしたが、実際には暑くも無く寒くもなく、程よく風もあってなかなかのマラソン日和に。

DSCF6483_convert_20110913191734.jpg
スタートラインに並ぶランナーたち。列の最初のほうに居るのは体もしっかりできていていかにも速そうな人たちばかり。写真ではよく見えませんが、この先頭集団の後ろにゾロゾロと約1500人の参加ランナーたちが並んでいます!

DSCF6484_convert_20110913191808.jpg
アンディちゃんも力強く出発。たまたまこちら側にいてくれたので見つけられました♪
さ、私達(アンディママ、パパ&私)も車に乗り込んで追いかけまーす!

DSCF6485_convert_20110913191915.jpg
タウンセンター、ロンドンロードと過ぎてランナー達は田舎道へと曲がって行きます。まだ余裕のアンディちゃん、私を見つけて手を振ってくれました。えへへ、かっこいい♪
このポイントには今回エントリーしなかった弟のクリスの姿も。フットボールの練習がこの近くのグラウンドであるのに、ハーフマラソンのための通行止めでそこまでたどり着けなかったからだって。なーんだ、それならクリスもエントリーすれば良かったのにー。
アンディよりもうんとスポーツマンのクリス、やっぱり出場したアンディや他の友達を見て自分も出たくなったみたいで、「来年はエントリーする!」って言ってました♪

DSCF6486_convert_20110913191953.jpg
6マイル地点でアンディを待っていたら、ダチョウが!
他にもエルビスやらホットドッグの格好やらで走っている人たちがいました。
ホットドッグの人は背中に「Fast Food」って貼ってありました。ベタやねーw

DSCF6487_convert_20110913192029.jpg
6マイル地点でのアンディ。ちょっと疲れてきてるみたいだけど、まだまだフォームもキレイ♪

実はこの後8マイル地点にも行ったのですが、私達が着いたと同時にアンディが走り過ぎて行ったので、かろうじて声は掛けられたものの写真が撮れず・・・。
予定よりもちょっと速いペースだったので私達も慌ててまた車に飛び乗ります。
追っかけもなかなか大変!

DSCF6488_convert_20110913192107.jpg
10マイル地点のアンディ。この辺りからお腹が空いてきたって言ってました。

DSCF6489_convert_20110913192216.jpg
田舎道最後のポイント。ここからまた街の中に入ります。もうあとちょっと!
ここでのアンディはもうお腹ペコペコで倒れそうだったとか。この後少し歩いちゃったそうです。
腰ベルトにエナジーフードを入れて持って行けばよかったって反省してました。

DSCF6490_convert_20110913192252.jpg
そして見事にゴール♪
タイムは2時間13分55秒。
3年前の2時間7分には届かなかったけど、直前に風邪引いたりもした割にはがんばったがんばった!
(ってか、21キロも走れちゃうってこと自体がすごいし!)
今回はテーピングを貼って走ったからか大きなマメもできず前回より楽しめたようで、もう今から「また来年も走る!」って言ってます。

いつもパソコン(兼テレビ)の前に座ってるアンディばかり見てるけど、こうして汗を流してる真剣な姿を見ると「あー、やっぱ男だわねー。かっこいい♪」って惚れ直しちゃいますね。
この日のお夕飯にはアンディの好物のToad in the Holeを作りながら、「あー、ステキな旦那様を持って幸せだにゃー♪」と一人ニタニタしてしまうSajamonなのでありました♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Category:日々の徒然 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

猫引っかき病って・・・

2011.09.04 Sun
どもども。また毎度のことながらご無沙汰しておりますー。
最近もお友達とのおしゃべり会を中心に楽し&忙しくしておりましたが・・・
実はちょっと具合悪くなったりもしてました。

っていうのも、シンさんご夫妻と楽しい観光の時を過ごしてから一週間ほど経った後、右顎下のリンパが腫れてることに気付いたのです。

えー、・・・リンパ腫復活ってこたないわよね・・・。

と、一瞬青ざめる私。
でも触ると青タンのような痛みがあったので、昔(もうかれこれ16年前になりますが)悪性リンパ腫になった時の無痛のグリグリとは全く感じが違う。そして首だけじゃなくて右肩の関節もなんだか重苦しくて痛い。
ちょっとその周辺が熱を持ってる感じもあるし、これは再発じゃないねー、と勝手に自己診断。

単純に風邪や虫歯からのリンパの腫れの場合には数日で引っ込んでしまうかもしれないし、救急で診てもらうには元気過ぎるし・・・と、なんとなく病院に行くのは躊躇。
だってさ、前に首の後ろのリンパ(?)が痛むんですけどーってGP(General Practitioner=一般医の主治医)に言ったらちょちょっと触って、
「んー、寝汗かかない?グリグリも触れないし、虫歯とか耳からとか何かの理由でちょっとばい菌が入ったんじゃないかな。グリグリ大きくなるようだったらまた来て」
って言われて検査もなく抗生物質もくれずにバイバイだったので、これで「今度は違うリンパが腫れた!」って行っても
「また来た!不定愁訴のアジア人!」って思われて処方箋ももらえずに時間を無駄にするだけだろうと思って。
ってか、私がリンパ腫になった時には寝汗になんてちっとも気が付かなかったんだけどね。


んで、とりあえずネットで検索。
『顎下 リンパの腫れ』と英語日本語両方でググったら、真偽のほうはどうであれ情報がわんさか出てきました。
その中から信憑性のありそうなサイトを見つけて、端から端まで読んで、可能性のありそうな病気に絞って行くと・・・

「猫引っかき病」なる、ふざけた病名を発見。

念のため英語でも再検索してみると、確かに「Cat Scratch Disease」なるものが実際に存在するらしい。
なんてかわいらしく、そしてマヌケな人しか罹らなさそうな病名・・・。

・・・あらら?
先日の日記にも書いたけど、私ちょうど症状が出る一週間前に左手の甲を猫に引っかかれてるわー。
そして『傷口が腫れてその周囲のリンパが腫れる』って書いてあるけど、
実は引っかかれた直後にばい菌入るとイヤだなぁと思って、傷口をチューって吸ってペッてしたのよね・・・。
だから傷口は何ごともなくキレイに治ったんだけど、もしやその時に右顎リンパ近辺に感染しちゃった・・・???

念のため日本に居る知り合いのお医者様にも聞いてみると、その先生も状況からしてやっぱり「猫引っかき病」らしいと。
ってことで、以前風邪を引いた時にもらって「何かのために」と取って置いた抗生物質を3日ほど飲んでみると、みるみる痛みは引き、腫れも小さくなって来ました。まだ完全には消えてないけど、もう触ってもほとんど分からない大きさに。

ってことで、どうやらホントに猫引っかき病に罹ってしまっていた様子。
なんておマヌケな、そしてヘンテコな名前の病気がこの世には存在するんでしょうねー。
これからはよそんちの猫さんには気軽にちょっかいを出さないようにしまーす。ははは・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Category:日々の徒然 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。