RSS|archives|admin

Hen Nightって…

2008.06.30 Mon
結婚前のHen Night/Party/Doってしなきゃいけないもんなのかな。
毎年この時期になると仮装してギャーギャー騒ぎながらパブやクラブを巡って飲んだくれてる女の子たちを見るけど、あれが典型的なHen Night…?
ぶっちゃけそんな無理して飲む歳でもないし、めんどくさいからしたくないよ…

『結婚したらなかなか女同士だけで遊びに行けなくなるから…』っていう習慣みたいだけど、アンディは友達と遊びに行くの拘束するような人じゃないし、仲のいいコたちがみーんな来れないのにする意味って全くないよね?

Bridesmaidの1人が、休みがその日しか取れないって言うから無理矢理アレンジしようとしてるけど、日本人の友達はみんな卒業シーズンで親が渡英してたりして来れないし、イギリス人のCowたちはちっとも返事して来やしない。
一体誰のためのHen Nightやねん。

ってことで、私のHen Doはお昼間始まりです。家族が主体。
アンディのママや弟くんの彼女、アンディの従兄弟の彼女と一緒にBathでお芝居を見て、
ちょっといいお夕飯を食べて、パブで一杯だけ飲んで、おしまい。
飲んだくれてバカ騒ぎしたい人はヨソでやってください。


…ってか、最近ローカル女友達との間に距離感を感じるわ。
なんていうか、若くて、浅い…。全然2人だけでお出かけしたいと思うようなコがいない…。
アンディママとか、アンディのおばあちゃんとか、教会のおばあちゃんたちとか、歳を取ってる人は趣味もたくさんあって会話もとても面白いし、ずーっと一緒にお話していたいと思うのに。私が年取ってきただけ?

もっといろんな意味で刺激をくれるようなお友達が欲しいなぁ。
早く仕事を見つけよう。


スポンサーサイト
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

お祝い気分♪

2008.06.29 Sun
金曜日の朝のこと。
目を覚ました私の枕元に、アンディちゃんが小さな包みを持ってきて
「はい、良い成績を取ったご褒美だよ♪」と囁きました。
モソモソと箱を開けてみると、そこには…ぬゎんと発売されたばかりの
Radioheadのベストアルバムがっ!!目がハート目がハート

えへへ、えへへへ。うれしい顔
ってことで今は大音量でNo Surprisesを聞きつつ、ニタニタしながら日記書いてます♪
私ってばこんな幸せでいいのかしらん♪おほほ。


水曜日から卒展が始まります。
5日には卒展を早めに抜け出して、KSO家のお2人と一緒に
O2 Wirelessっていう野外フェスに行ってきますー。
Morisseyがメインみたいだけど、私はBeckたんがお目当て。
いひひ。もう卒業だからね。
祝いじゃ祝いじゃー♪


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

バイバイ、ギゼラ…

2008.06.29 Sun
ワークプレイスメントとファイナルプロジェクトで死ぬほどお世話になった写真コンサベーション師匠のギゼラが、ブリストルでの契約を終えていよいよドイツに帰ってしまうということで、金曜日にお別れ会に行ってきました。

私が古写真の構造や素材などを分かりやすく理解できたのも、ファイナルで94%も取ってファーストをもらえたのも、ギゼラの惜しみない協力があってこそ。
ギゼラがイギリスにいたたった1年半の間にワークプレイスメントで5週間みっちりとプロの仕事ぶりを間近に見せてもらえ、ファイナルプロジェクトについての細かいアドバイスまでもらえたのは本当にラッキーでした。

何か軽くて引越しの邪魔にならないお礼を…と、シンプルなギンナンのような形のシルバーのイヤリングを持って行きました。
元写真家で個性的なお洒落さんのギゼラに気に入ってもらえるかどうか心配だったけど、すごく喜んでくれてその場で耳に着けてくれました。
マットなシルバーのギンナンが、彼女のきれいな銀髪の色ととても似合ってました♪

これからイギリスで写真の保存・修復の仕事をして行く上で、彼女が近くにいなくなっちゃうのは心細いけど、メールでやりとりできることだし、これからもずっと私のお師匠様として色々教えていただかなくては!
彼女に会いにベルリンにも遊びに行こうっと♪


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イギリス(学士)の評価システム

2008.06.19 Thu
…なんだかせっかくファーストをもらったのにありがたみが良く分かってない人が多いようなので、ややこしいイギリスの大学の評価システムをご紹介いたしますー。もうやだ?(悲しい顔)(←なんだか切ない…涙



イギリスの大学(学士)には全国共通の最終評価システムがあって、

First
Upper Second(2.1=ツーワン)
Lower Second(2.2=ツーツー)
--------------- ここから上が名誉学位
Third
--------------- ここから下は落第
Fail

の5つに分かれてるのです。
そして、修士や博士課程に進む時や就職する時に卒業時に取得した
学位のレベルを条件付けている学校や企業も多いのです。

学校や学科によってパーセンテージはちょっとずつ違いますが、
うちのコースでは

First 85%以上
2.1  70?84%
2.2  50?69%
Third 40?49%
Fail  40%以下

と区分されてます。


この区分の中で、私はコースで最高得点をもらってFirstを取ったちゅうわけー。
コースには当然イギリス人もいるにも関わらず、主席で卒業しちゃうっちゅうことでござります。うぇへへー。

どお、どお?
すごい?すごい??






この他にもFirstとSecondまではHonors Degreeと言って、
ただの学士じゃなくて『名誉』学士の称号がもらえます。
これは公的文書に名前を載せる時に併記できるので
ちょっとハクが付いたりします。
そう、イギリスは権威主義なので『称号』を重んじるっちゅうわけね。

※あまりBA(Hons)だけを書く人はいないけど、

Dr, MA, BA(Hons)  Saja Ponda

とかズラズラと並べて書くとちょっとカッコつくみたい。


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

成績出ましたー!!

2008.06.18 Wed
3年間の集大成、最終成績を今日もらってきました!





結果は…
なんとっ!




『ファースト・クラス』でございましたっ!!わーい(嬉しい顔)





やった!最高成績もらえましたっ!!!
しかも総合もファイナルプロジェクトの点数もクラスで一番で、
『文句なしのファースト』とのことでしたー♪


いやー、これでお父ちゃんの恩にも報いたよ…と早速おやじ様に連絡。

「ファースト取れたよー」と報告したところ、
「そうかー、良くやったな。

…で、ファーストって、
ど の く ら い す ご い ん だ???」




…と、父ちゃん…。冷や汗
あたしゃー、三十路の娘に大金払ってくれてたあなたに
いい成績を持って帰るために意地になってがんばってたのに…泣き顔


ええ、ええ。
ありがたみ、全くなしでございます。泣き顔


ちっ、そんなオチかい。
まあでも、思いっきりやったプロジェクトが評価されたので良しとしませう。
これで気持ち良く嫁にも行けるってもんです。
応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。
さ、ショーの準備がんばるかね…。

ふぅ。


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

明日引っ越します♪

2008.06.14 Sat
なんだか全然実感が湧いておりませんが…明日チッペナムに引っ越します♪
来週、再来週と卒展に向けて平日はロンドンであちこちに居候して回る予定ですが、
基本はチッペナムベースになりまーす♪
チッペナムの巨大ナメ○ジを思うと超怖いけど、こないだロンドンでも親指大のを目撃したし、
猫屋敷周辺で大量発生してるカタツムリも十分怖いのできっと生きて行けると思います…。冷や汗
まあ、ナメ○ジはロンドンの人間みたいに襲い掛かってもこないし…。あせあせ

…てか昨日は卒展の招待状用の手紙を書いたりしてたからまだ全然荷物詰めてないし。げっそり
ホントに引っ越せるんすかねー???
ま、アンディちゃんが夕方にはバンを借りてお迎えに来てくれるので、
荷造りもなんとかなるでしょう。あはは。うれしい顔

何か忘れ物してたら後で取りに来るのでよろしくねー、おcayooちん♪ウッシッシ


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

全アセスメント終了?♪

2008.06.10 Tue
やれやれ。やっと全ての課題が終了いたしましたよん。

External Examinerとのアセスメント後の感触としては…
えへへー、なんだかいい感じかと思われますーウッシッシ

なんかね、とっても褒めちぎられちゃったのさー♪おほほ。
プロジェクトの内容と手仕事の量と質はもちろんのこと、
文章の構成と使ってる語彙に関しても、「MAの学生たちと比べても良く書けてる!」とまで
言われちまいました♪えへえへ。

そんで、将来の話になったら、「イギリスでは写真のコンサベターが慢性的に不足してるから、あなたのような人材が必要。ぜひもっと高いレベルで学んで専門知識を増やしてプロとして活躍してほしい。」とか、
「イギリスには写真の保存を専門に教えられる教育機関がないから、海外も考慮に入れて一番いいと思われるコースに行ったほうがいいわ。安易に就職して何年間も腕を鈍らせちゃだめ。」とまで言われちまいました♪
External ExaminerのAlisonはV&A Museumのコンサベターで、アメリカ人。
経験も豊富で広い世界もいっぱい見て来ている人にこんなこと言ってもらっちゃったよ!
えへへ。なんかすごくない?

その後、イブ(先生)からも「これはオフレコだけど、Alisonあなたのプロジェクトにとっても感銘を受けてたわよ♪」って言われました♪
ちょっとちょっとぉー?これはこれはもしかすると???

…むふー、結果がちょっと楽しみざんす♪
まだまだオブジェクトの納品までやることはいーっぱいあるけど、とりあえず肩の荷が下りたって感じでしょか。

明日とあさってはP&Oアーカイブで有終の美を飾って参りまーす♪


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

いよいよ明日は

2008.06.09 Mon
External Examinerが学校に来て最終アセスメントとなります!

まだ全オブジェクトは終ってないけど、「最終的にこうなります」みたいな見本はバッチシ!
うへー、大丈夫かなぁ…冷や汗
最終結果は18日!ファースト、くれないかなぁ…?ダメ?


水・木はP&Oアーカイブで最後のお勤めをして、バイトも終了。
金曜にまたスタジオ作業。
そして今週末15日にはアンディがバンをレンタルしてお迎えに来てくれるので
下宿を引き払ってチッペナムに引っ越します!
猫屋敷ともこれでお別れ…涙バイバイ、ペッパー…泣き顔


さらば、ロンドン!!(また来週もスタジオ作業しに戻ってくるけどウッシッシ
さー、いよいよ本腰入れて嫁入り準備ぢゃ!!!


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アヴリルって来ました

2008.06.05 Thu
今夜はPEPSIで当てたタダアヴリル鑑賞に行って来ましたよー。
アンディちゃんも仕事を早退して駆けつけてくれますぃた。

まず第一の感想は…客層が若いっ!!!冷や汗
小・中学生の女の子がわんさか親と一緒に来てました。
目の周り真っ黒にして指なし手袋?もしくはロング・リストバンド?を着けた
ミニチュア・アヴリルだらけでちょっとかわいかったけど。
色的には、やっぱりみんな蛍光ピンクと、黒と白なのね。
ドクロだらけで、縞々ニーハイにVansかConverse。
そしてサラサラ真ん中分けね、お約束なのね。

前座はJonas Brothers?って言うのかな?アメリカの若い若いバンドでした。
歌も演奏も若い割にはすごく老成してるっちゅうか上手だったけど、
(小さな頃から鍛えられてる劇団ひまわりっ子たちの演技みたいな感じ?)
見てるこっちが恥ずかしくなるくらい青い青い声してました。あせあせ
結構バナー持ったファンが来てたけど、有名なのかしら?

席は一階のステージの真横でした。サイド・スクリーンの真横でもあったので
正面はあんまし良く見えなかったけど、アヴリル自体は近くに来てくれたときは
表情が分かるくらいの距離。まあ、タダなので上出来でしょう。

音は…うーん、MCはほとんどワンワンワーンってなっててちーっとも聞こえませんでした。
曲も二重に聞こえてたし。アンディは気にならなかったって言ってたけど、あれがレディへだったと思ったらイヤだなぁ…。
アレに比べるとさいたまスーパーアリーナや武道館は音響がいいなーって思いますなぁ。
ロイヤル・オペラハウスやミュージカルの劇場なんかは音がいいのに、O2のデカさになると管理しきれないのかすぃら。

Avrilが最初にロンドンで演奏したのは7年前だったんだって。
17歳の時だから、それでも今まだ23歳とか…怖いわぁ。
ちっちゃくて、一生懸命な感じがかあいかったっす。
ギター弾いたりドラム叩いたりもしちゃって。
歌も好き嫌いはともかくとして、分かりやすくてノリやすい良い曲が多いし、
音程もすごくしっかりしてて、アイドルらしいエッジの効いた高音がよかったっす。
かわいくて元気でキラキラしてて華がありました。子供たちが憧れるのも分かるね。

アリーナは立ち見で、すごい盛り上がってた様子。
一階席は子供たちだけがものすごくはしゃいでて、さすがにそれに混じって立ち上がって踊るまでは行かず。手拍子参加の感じでした。ちょっと汗かきたかったのにー。
ま、好きなアーティストのチケを自分で取って行くのとはやっぱし訳が違いますな。

でもアンディちゃんが楽しんでくれたみたいで良かった♪
それだけでも応募した甲斐があったってもんです。
タダ券っていいもんすねー。またアレコレ応募してみよっと♪ウッシッシ


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アセスメント終了♪

2008.06.02 Mon
いやー、提出物ぜーんぶ一通り終りましたよん♪
今日は出来上がったモノを並べて、先生2人に囲まれてのアセスメント。

卒論の文章からあれこれ突っ込まれて、それに対する理由や反論をぐわーっと話さなくちゃいけないのです。
日本だと「言い訳=口応え」だからついつい悪いことみたいに感じちゃうけど、こっちだと言い訳はJustificationとして尊重されるってわけね。上手く言い逃れできた者勝ちってこと。

…にしても新しいニュージーランド人の先生ジョスリンの突っ込みは厳しかった?…。
オブジェクトを返還した後の保管環境について突っ込まれたけど、ちょうど持ってたMuseum Journalの中にCourtauldと環境の件についてやり取りしたEメールを入れてたから、それを見せて「こうやって図書館の現実的な環境を考慮して具体的な対策法を薦めました」って言ったら納得してくれまひた。ふぃーっ。冷や汗

でも他の件についてはあんまり上手くJustifyできなかったとこもあるから、どうなることやら…。


でもアセスメントの後、また8時まで残って作業してたらジョスリンが来て
「あなたの写真のプロジェクト、とても素晴らしかった!論文もとても楽しみながら読んだわ。
エクセレント!」って言ってくれたので、なんだかおいらもう満足だす。うれしい顔

この後出てくる結果はCourse Directorの私情やらが入って、私が望んだものにはならないかもしれないけど、毎日5時過ぎまで熱心に指導して、私が毎日8時までみっちりスタジオに篭ってることも知ってて、長い経験もあるジョスリンに認めてもらえたことのほうが重要。
毎日4時前にあたふた帰る、口先だけのCourse Directorの意見なんて、私のプロジェクトの質に関して何の意味も持たないって知ってるし。

…はぁ、まだスタジオ作業は残ってるけど、書き物においてはひとまず終了!
ここからは毎晩ゆっくり眠って、存分にスタジオでの手仕事を楽しむのだー♪ウッシッシ


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

一応終ったけど…

2008.06.01 Sun
明日のアセスメントに向けて、一通りのモンは用意できたけど…
なんだか手ごたえが無いわ…。
掲示用のタイルもできたけど、なんかしっくり来ないし。

いつも提出し終わってからなんだかんだって注文を付けられるから、
なんか終っても手放しで喜べない感じー。
ま、どうせもう一回印刷させられるだろうから高画質じゃなくて
普通画質で印刷しちゃったんだけどねー。うひひ。

まー、もうあとはなるようになれってことで、祈りながら眠りまひょう。
おやすみなさりませ。




*今週のアンディ語録*

A 「saja、wake up! オキテ! ハヤク!」 
S 「ハイ。もう起きますよー。ムニャムニャ…」
A 「Don't just say ハイ! イマ! ハヤクオキテ!」

イマって…そんなん教えたかな???
だんだん日本語も駆使して手ごわくなってきますた。冷や汗


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |