RSS|archives|admin

国中が微笑みに包まれた日♪

2011.05.01 Sun
DSCF5664_convert_20110502055802.jpg
あー、お幸せそう。見てるだけでニコニコしちゃう♪ (The Mailの日曜版に入っていた特集冊子から)

金曜日はケイト*さんとウィリアム王子のロイヤルウェディングでしたねー。
イギリスはこのご成婚のための祝日だったので、
私はアンディの両親宅で一緒にテレビで挙式の一部始終を見守りました♪
(*Kateは愛称なので、正式にはキャサリンさん)

アレクサンダー・マックイーン(サラ・バートンがデザイン)のドレスを纏ったケイトさん、
ディズニー映画から抜け出て来たかのように美しかったー♪
ちなみにあのティアラはクイーンがお母様から譲り受けたものを借り受けたのだそうですー。

ケイトさんってただ美しいだけじゃなくて、知性と自信がにじみ出ているのが素敵。
個人的には笑ったときの口のカタチがとってもキレイで好き。
29歳という年齢も、ある程度自分の時間を謳歌した後で、落ち着くのにちょうどいいんじゃないかな。

式の合間にも視線を交わすお二人を見ていて、『ああ、ホントに愛し合っているんだなー』って
ハッキリと見て取れ、とっても幸せな気持ちになりました♪
王子はホントにいいお嫁さんを自力で見つけられて良かったですね!
ちょっと頼りない感じがしないでもないウィル王子を、ケイトさんがこれからしっかりとサポートしてくれそう♪
いやー、英国王室もこれでまたしばらくは安泰ですな。えがったえがった。


DSCF5665_convert_20110502055842.jpg
あの結婚指輪は、伝統的にウェルシュ・ゴールド(ウェールズ産の金)で作られてるそうですよー♪
ウェールズで金が採れるなんて知らなかった!


DSCF5663_convert_20110502055932.jpg
移動中は帽子着用。こうして見るとウィル王子はほんとおとぎ話の「Prince Charming」そのものですな♪
(後頭部が見えないからね)


DSCF5666_convert_20110502060005.jpg
王子自ら運転する古いアストン・マーティンで宮殿を去るお二人。
風船や初心者(L)マーク等の庶民的な演出に出待ちしていた群集は大喜び♪
この車は父上のチャールズ王子のコレクションの中から拝借したのだそうです。



ところで、ご結婚されたお二人のタイトルはDuke & Duchess of Cambridgeになられたとか。
『プリンセス・ダイアナ』のように『プリンセス』ではなく『ダッチェス』なのは、
挙式当時(今も変わってないけど)にチャールズはクラウン・プリンス(王位継承権1位)で、
王位継承権2位のウィリアムは直接の王位継承者ではないからなのですねー。
ダイアナ妃の時に比べて結婚式がシンプルだったのも(本人たちの意向ももちろんあるでしょうが、)
今回はクラウン・プリンスの結婚式ではなかったからなのです。
まあ、もしクイーンに何かあった場合にはチャールズが王位継承権を辞退して
直接ウィリアムに王位が移るのでは・・・なんて噂もありますが、どうなることやら。
チャールズ王になるとしたらチャールズ3世で、ウィリアム王になる場合はウィリアム5世になります。

英国では『直系の第一男子が王位を継ぐ』という法律を
『直系の第一子が(男女に関わらず)王位を継ぐ』と変えようという動きがあるようです。
いいなぁ。私も愛子様ご誕生時には「ついに日本にも女性天皇が!」と思って
すごくうれしかったのですけどね・・・。その後の決定を聞いてがっかり。
日本国家を象徴する存在が男性でなきゃいけない理由が未だに分かりません。
慣例が云々言ってるみたいだけど、むかーしは女性天皇も何人もいたんだし。

そんなこともあって、ダッチェス・キャサリンとデューク・ウィリアムの間に女の子が生まれて、
また将来クイーンの時代が来るといいなぁ、なんて密かに願ってしまいます。
まあ性別はどちらでも、健康な赤ちゃんに恵まれるといいですねー♪
末永くお幸せに!

来年は現クイーン・エリザベス2世の即位60年(!)記念の年(Diamond Jubilee)です。
その記念で来年は6月にまたバンク・ホリデーが一日増えます。ひゃほー♪
どうかその日までクイーンがお元気でいらっしゃいますように♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category:イギリスで話題のニュース | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |

殺しのライセンスを持ったラリー

2011.02.15 Tue
今日のイギリスはこのコワモテなラリーの話題で持ちきり↓。
BBC
テレグラフ
ガーディアン
インディペンデント

『No.10 ダウニング・ストリート(首相官邸)がネズミを捕る猫を雇った』という、このニュース。
事の発端は、ニュース生中継中にカメラの端っこをネズミたちが
先月の間だけで2度もチョロチョロと走っていたのが目撃されたことに始まります。

こりゃあいかん!と、急遽そのネズミたちを退治するために
投入されることが決まったのが、このトラ猫のラリーくん(4歳)なのです。
実はラリー君はBatterseaにある動物の保護施設に保護されていた元野良猫。
保護施設のスタッフたちがネズミ型のおもちゃで遊ぶ姿を観察し、
『強い狩猟本能がある!』と確信して
ダウニングストリートのネズミ捕り猫として推薦したとか。

ラリー君は首相官邸の住宅部分ではなく事務所で飼われることになるため、
えさ代等の経費は公費を使わず、その事務所に勤務するスタッフたちが
個人的に寄付して賄われるそうな。
こういうとこを批判される前に前もって言っておくのはイギリスらしいわね。

クイーンから殺しのライセンスをもらって・・・いるかどうかは定かではありませんが、
この辺りを徘徊するネズミたちを掃討するための刺客として活躍を期待されているラリー君。
じゃんじゃん首相官邸に『お土産』を持って帰ってあげてほしいものです。

ちなみにお役目初日の今日、ラリー君は午後中ずっと居間で寝て過ごしたとか。
・・・って!!
ダメぢゃん、ネズミ捕んなきゃ!早速作戦失敗??


・・・ホントはネズミホイホイの設置とかでも解決できたんだろうけど、
施設に保護されていた野良猫に仕事をあげる・・・ってしたほうが
党のイメージアップにもつながって一石二鳥だもんねー。
猫の手なんて借りてないで、もっと人間の雇用を増やしてくれたらいいのにー。

今日もイギリスは平和なようです☆



今日もポチッと応援よろしくお願いしまーす♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Category:イギリスで話題のニュース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

オリンピックの観戦チケット買えるかな♪

2011.02.07 Mon
『んもうっ、写真はイヤなんだってばー・・・』
と頑固にカメラから逃げようとするジェシーのお顔をむんずと掴んで・・・
はい。今週のジェシーちゃんですー♪

DSCF5271_convert_20110207224902.jpg

くうっ、やっぱり目を背けやがったわね。なんてガンコな・・・。
あ、ホントは仲良しなのよ♪私たち。うふー。


またまた週末恒例のサンデーロースト@義両親宅にお呼ばれ。
昨日のローストはチキンにスタッフィングが2種でした。
それに茹でたりローストした野菜がモリモリと。

デザートは洋梨とダークチョコレートのクランブル。
レシピはウェイトローズ(ちょっとお高いスーパー)のサイトから拝借したそうですー↓
洋梨とダークチョコのクランブルレシピ(英語)

クランブルっていうのはフルーツのコンポートの上に
ボロボロッと崩れるショートブレッドのような感じの生地を載せて焼いたもの。
スプーンでガバッとすくって、アイスクリームやホイップしてない無糖の生クリームを
ドボドボとかけて豪快にサーブします。
見た目はフルーツパイを盛り付けるときに上下逆さまにグチャッと落としてしまったような感じ。
『見た目なんてどうでもいいのさ、味が良けりゃー』みたいな、
お隣の国フランスとは正反対の理論に基づいた、
非常に 大雑把な 素朴な、とてもイギリスらしいデザートですー。
でも表面がサクサクしてて、中はとろりとアツアツで美味しいのよ♪
今度私も作ってみよーっと。


さてさて。
2012年ロンドンオリンピックのチケット販売サイトの登録受付が開始となり、
こちらでは話題となってます♪
まだ今のところは「興味あるぜー」っていうことを示すだけの登録となっていて、
実際のチケット販売は2011年3月15日~4月26日の間の6週間ということです。

競技日程や各種チケットの価格表などはオフィシャルチケットサイトからどうぞ↓。
ロンドンオリンピックオフィシャルチケットサイトはこちら(英語)

登録したとこで必ず希望のチケットが取れるわけじゃーないと思うんだけど、
ダメ元で私も登録してみましたー♪
目的はもちろん応援しているリン・ハッチソン選手の勇姿を生で観ること!

そのリンちゃんの出場可否を決めるのは来年1月に開催されるオリンピック選考会だとか。
リンちゃん、がんばってイギリス代表として出場してね☆
応援してますよー♪



今日もポチッとランキングの後押しをお願いしまーす♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Category:イギリスで話題のニュース | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

あっぱれなセクハラ対応

2011.01.26 Wed
元プレミアリーグの名選手でSky Sportsのメイン司会だったアンディ・グレイが
クビになったというニュースが、こちらではちょっとした話題になってます。
http://www.guardian.co.uk/football/2011/jan/25/andy-gray-sacked-sky


・・・と言うのも、先週土曜日のウルバーハンプトン対リバプールの試合に
プレミアリーグに2人しかいない女性審判の内の1人が線審として登場し、
そのシアン・マッセイ審判員の登場にこのグレイおやじは

「おー、なかなかかわい子ちゃんじゃないか!
誰か興奮しちゃうんじゃないのー?」

と冷やかし、
さらに彼女のきわどいオフサイドのジャッジメントには

「いーや、あんなジャッジメント信用できない。
女がオフサイドルールの何を知ってるって言うんだ?

と女性差別的な発言をしたために、「許しがたく攻撃的な振る舞い」を理由に
Sky Sportsから170万ポンド(2億2100万円)の年間契約を解除されたのです。


この後、他の番組でも美人スポーツレポーターのシャーロット・ジャクソンがピンマイクを取り付けている横で

「ねえねえ、オレのココにもマイク取り付けてくれよー。」

とズボンを上げ下げするジェスチャーをしている未放送シーンが
流出してしまったりして、完全にレッドカード。
哀れこのDirty Old Manのアンディ・グレイは次の試合の解説から即出演禁止になり、
『女性差別者』のレッテルを貼られて、完全に闇に葬られたのです。



私はファンじゃないからフットボールはそんなに観ないけど、
このSkyの迅速な対応には大興奮。
あっぱれの一言です!

フェミニズム先進国のイギリスのプレミアリーグに
今まで女性審判がいなかったっていう事実にはちょっと驚いたけど、
その閉鎖的なフィールドにがんばって入って来た女性たちの人権が
こういう風に守られるのを見るのは痛快です。

この国に対してボヤきたいことって多々あるけど、
こういう正義感の強いところ、いいと思うのよね♪




ブログランキング始めました。励ましのワンクリックをお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


Category:イギリスで話題のニュース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |