RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2日連続の訃報

2011.04.08 Fri
昨日、アンディの母方の祖父が亡くなったと書きましたが、
今日の午後、Sussexにいる父方の祖母も静かに旅立ったそうです・・・。
先週会いに行っておけてよかった。

今頃はそれぞれ先に待っていてくれてるおじいちゃん、おばあちゃんとの再会を果たしているかしら・・・。
ピーター、ベティー、安らかに眠ってください。

IMG_0148_convert_20110409090940.jpg
テーマカラーに合わせた自作の帽子で私達の結婚式に出席してくれたベティー。
披露宴会場の入り口で「Mrs Milesが増えた!」と大喜びしてくれました。



スポンサーサイト
Category:お別れの時 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ありがとうジェシー

2011.02.12 Sat
昨日、私がお友達の家から上機嫌で帰ってくると・・・
すでに帰宅していたアンディちゃんがしょげた顔をして迎えてくれました。

「実は残念なお知らせがあるんだ。
ジェシーが亡くなったって。

夕方父さんと一緒に散歩に行って、
いつものようにトイレを済ませて、
数歩歩いたところで突然横向きに倒れてしまって、
そのまま息を引き取ったって・・・。」

そっか・・・。
前にも何度かお散歩中に倒れたことがあって、
その度に抱きかかえられて帰宅しては持ち直していたんだけど
ついにその時が来てしまったのね。

ウェンディとグレアムも
「もうあとどれだけ持つか分からないからね」って
去年の10月頃からずっと言ってたもんね・・・。

CNV00004_convert_20110213004313.jpg
2008年7月 私たちの結婚式翌日、笑顔(?)で祝福してくれているジェシー



DSCF0078_convert_20110213003136.jpg
2006年3月 初めてアンディと一緒にジェシーをお散歩に連れて行きました。
DSCF0074_convert_20110213003104.jpg
この頃はまだ1時間近く歩き回っても元気で、タッタカターと先に走って行っては、
「まーだー?」ってのんびり歩いて追いかける私たちを待っていてくれました。



2006年6月 お庭でファミリーBBQ。
DSCF0089_convert_20110213003441.jpg
とても暑い夏の日でした。アンディ、私、ウェンディ、グレアム、おじいちゃんと今は亡きおばあちゃん、アンディの弟クリスとその彼女ジェマ、叔父デービッドと元奥さんのジャン、従弟ポール、そしてジェシーと、近所に住むウェンディ方の家族が大集合。
この頃はこうして家族でよく集まっていました。
その後おばあちゃんが川に落ちて亡くなり、おじいちゃんはケアホームへ。
叔母のジャンは他の人と生きていくことを選んで家族から離れ、そして昨日ジェシーも・・・。
今は家族のメンバーも少なくなってしまいましたが、この楽しかった日の写真を撮っておいてよかったなぁ・・・。
DSCF0094_convert_20110213011458.jpg
煙に巻かれて泣くグレアムシェフが何か落っことしてないかなー、とフンフン嗅ぎまわるジェシー。
家族がいる風景にはいつもジェシーのお尻やしっぽがチラッと写ってたのよね。



DSCF0484_convert_20110213003702.jpg
2006年のクリスマス 「私のプレゼントはー?」と、そわそわと落ち着きのないジェシー。
みんなのプレゼントをフンフン嗅いで回るので、この後怒られてマットの上ですねるのです。
でももちろんジェシーにもプレゼントあるのよ♪



DSCF2854_convert_20110213004025.jpg
2007年のクリスマス 毎年怒られてもやっぱりプレゼント開きのときには興奮しちゃうジェシー。 
DSCF2856_convert_20110213004115.jpg
ジェシーのプレゼント(ジャーキー)を開けてあげるクリス。
神妙な面持ちでじっと待ちます。



DSCF4763_convert_20110213014916.jpg
2008年のクリスマス みんなのティー(ディナーをお昼に食べるので、お夕飯はティーって言うんだって)
がキッチンのテーブルに並び、「私も何かもらえるの?」と期待しているジェシー。
この後は私も仕事で忙しくなり、クリスマスも当たり前なことと慣れてしまって、
まともに写真も撮らなくなっちゃってました・・・。やっぱりもっと写真撮らなきゃね。



ジェシーはまだ子犬の頃に虐待されていたのをレスキューされて
施設に居たところを、14年くらい前にアンディの両親にもらわれて
Miles家にやってきたそうです。

だから知らない人に会うとすごくナーバスでよく吠えていたらしいんだけど、
私が初めて会った時に全く吠えず、すぐに仲良くしてくれたので
ウェンディとグレアムは驚いたんだって。
家族の一員として私をすんなり受け入れてくれたジェシーが私も大好きで、
よく二人だけで一緒にお散歩にも行きました。

もうジェシーに会えない私たちは寂しくなっちゃったけど、
最後まで弱って病院に入ることもなく、
大好きなパパとお散歩の途中で苦しむことなく逝ったジェシーは
幸せだったんじゃないかなーって思います。


DSCF5271_convert_20110207224902.jpg
2011年2月(先週) 嫌がるジェシーの顔をムニッと掴んで撮った一枚。
・・・先週のブログにも載せたこの画像が、ジェシーの最後の写真となってしまいました。

Jessie Miles、享年15歳。
家族を愛し、家族から愛された幸せな一生に昨日終止符を打ちました。
ジェシー、仲良くしてくれてありがとう。
いつまでも忘れないよ。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Category:お別れの時 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。